ゲームプログラマーの採用基準

ゲームプログラマー転職TOP >> 転職の基礎 >> ゲームプログラマーの採用基準

ゲームプログラマーの採用基準

ゲームプログラマーへの転職を考えた時、採用基準はどのようになっているのかは把握しておきたい情報ですね。転職エージェントなどに登録をして情報をリサーチすれば、ゲームプログラマーという職種での採用基準はもちろんですが、その他にも業界そのものの採用基準がどうなっているのか。また、各ゲーム制作会社別の採用基準など、細かな情報をリサーチすることが出来ます。ここまでの広範囲の情報リサーチとなれば、個人レベルではなかなか難しいものですから、転職エージェントに登録をするのがベターな方法と言えるでしょう。

一般的に言われている採用基準といえば、やはりプログラミングのスピードと正確性が求められるでしょう。ゲームというのは、様々な要素が重なって制作されています。例えば、グラフィックがいくら美しく、レベルの高いものであっても、プログラミングが奇抜だったり、これまでになかったようなことを行っていても、ゲームそのもののストーリーがまったく面白くないというのであれば、ゲームがヒットすることはありません。

逆になかなか面白いストーリーでも、操作性が悪かったり、グラフィックが汚いというようなゲームであれば、ストーリーの面白さに陰りを見せる結果に終わり、同様になかなかヒットさせることは難しいと言われています。それぞれの部門が担当するものがそれなりのレベルにあって初めてヒットするゲームが生まれるわけです。こういった場合、やはり当初のプロセスと違ったプロセスに変更することなどはよくある話なのです。

変更が多い中でそれに対応していくには、やはりプログラミングの正確性とスピードが重要になってくるのです。つまり、特に転職希望者のようなある程度の経験があるような人材を募集しているようなケースでは、少ない時間でどれだけ質の良いプログラミングを行っていけるのかが採用基準になります。ゲームプログラマーの面接試験などでは、制作した作品とともに、必ず制作期間を問われることになります。

ゲームプログラミングの質とそれに掛かった時間とを比較して、それが短ければ短いほどに優秀な人材と判断され、採用基準を満たすことになります。また採用基準はそれぞれのゲーム制作会社によってもまちまちです。ハードが限定されているゲーム制作で制作期間が何年といったような長い期間を設けられている場合と、とにかく数を送り出すようなソーシャルゲームをメインにしている企業とでは、ゲームプログラマーに求めるものは違ってきますから、採用基準も当然に変わってくることになるのです。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.