ゲームプログラマーの年収の平均

ゲームプログラマー転職TOP >> 転職の基礎 >> ゲームプログラマーの年収の平均

ゲームプログラマーの年収の平均

ゲームプログラマーの転職において、実際に給与はどの程度のものであるのかというところは気になるところでしょう。会社の規模であったり、開発経験によってさまざまですから、ここでは新卒者というものにターゲットを絞って紹介していきましょう。

ゲームプログラマーに新卒者として入職した場合、初任給の相場は平均で月収18万円から20万円程度というところです。当然に新卒者であっても、規模の大小によって初任給は変わってくることが多く、小規模な企業であれば、16万円というところ。大規模な企業であれば、平均で22万円というところが相場なのです。

こういったことを考えると、一般的な新卒者と同等と言えるでしょうね。クリエイティブ系の職種ということでジャンルを絞れば未経験者にしては高給取りな方とも言えるでしょう。ただIT業界全体を考えれば、安いと言わざるを得ないでしょう。しかしながら、ゲームプログラマーの給与は、月給では測れない部分も多いのです。転職が当たり前のような職種ですし、実力がついてくれば、一気に給与の高い会社へと転職をすることもできるでしょう。

そこで知っておきたい給与制度があります。ひとつは裁量労働制というもの。これは労働時間と業績というのが必ずしも連動しない職種に採用されている制度で、ゲームプログラマーにも適用されているところが多いものです。これは簡単にいえば、みなし労働のことです。実働時間の有無に関わらず、設定されている労働時間分の給与が支払われるシステムなのです。たとえば、準備期間中は、早く帰れるけれど、フル稼働した給与が払われるということ。その代わり、納期が近くなり、残業が当たり前という状況であっても、それが給与に繁栄されることはないというスタイルなのです。

また賞与のシステムとして、業績連動型の賞与支給を採用しているところが多いものです。通常賞与は、給与の○ヶ月分というようなところが多いですよね。しかしながら、この場合には収益状態に連動して賞与の支給額が変動するというシステムです。つまり、会社の業績がよければ賞与の額が増加し、収益が減収すれば、当然に賞与が減額されるということになります。こういったことから、通常の会社のような給与スタイルと、一緒に考えてしまうと、さまざまな戸惑いが出てくることになると言えるでしょう。ゲーム業界独特のこういった給与スタイルを理解し、本当に獲得できる年収を知りたいのであれば、プログラミング歴○年で年収○○万円というところを判断基準にしましょう。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.