ゲームプログラマーの面接のポイント

ゲームプログラマー転職TOP >> 転職の基礎 >> ゲームプログラマーの面接のポイント

ゲームプログラマーの面接のポイント

転職希望者には避けて通れないものがありますよね。面接がそれにあたるでしょう。ゲームプログラマーを目指し転職活動をしていくのであれば、面接の際の注意点をしっかりと把握しておきましょう。それぞれの業界において、取るべきアクションというのは、当然に違ってくるものなのですから。

まず採用者側は、ゲーム業界のプロフェッショナルであるということを、しっかりと自覚しておきましょう。あなたがいくらゲームをやりこんできて、そこら辺のマニアよりも知識が豊富であったとしても、所詮はアマチュアなのです。相手がプロフェッショナルであり、自分はアマチュアであるという構図をしっかりと心に留めて面接に臨むことが大事なのです。

ほとんどの面接の際には、自作したゲーム作品を提出してもらうということを行っているものです。どうしてこんなことをするのかは、それぞれの企業によって理由はまちまちでしょう。しかしながら、一般的に言われているのは、その人間のセンスを観たいと思っているところが多いものです。ゲームの企画能力であったり、その企画を具現化できるセンスやスキルがあるのかどうか。

センスや才能などというと、生まれ持ったものであり、それがあると感じている人は少ないことから、自分にはセンスはないと感じてしまう人間は多いことでしょう。しかしながら、ゲームプログラマーに必要なセンスは、作れば作るほどに養われるものであり、経験値がものをいいます。そこで前述にあるような構図が影響をしてきます。いくら自分で自信があって、こんなゲームを作れますなどと、得意顔でアピールしても、相手はプロであるということです。プロの目からすれば、ダメ出しのしどころは山のようにあるものなのですよ。自分のセンスを前面に出しアピールするような人間は、扱いづらいというような印象を抱かれたりして、返って敬遠される結果になってしまうのです。

また専門学校などでの課題を、自分の作品として持っていくのはいいですが、それはあくまでも教育機関から指示されて作ったものであるので、言われたことをしただけのものであり、あまり作品としては評価されない傾向が高いのです。それよりも学校などを出ていなくても、個人的に独学でいくつもの作品を作り上げているような人間の方が、採用側の心象もよくなると言えるでしょう。自主性というものをアピールできないと、ゲームプログラマーの世界では、使い物にならないと思われる可能性が高いのですよ。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.