ゲームプログラマーの転職の志望動機

ゲームプログラマー転職TOP >> 転職の基礎 >> ゲームプログラマーの転職の志望動機

ゲームプログラマーの転職の志望動機

ゲームプログラマーとして転職を希望している際には、必ず志望動機というものを記入したり、聞かれたりすることがあるでしょう。これは採用のひとつの判断材料になるものですから、しっかりとしたものを考えておきたいものですね。

ゲーム業界に転職したいという気持ちがあるのであれば、少なからず好きなゲームがあるとか、幼い頃にハマったゲームがあって、今度は作る側に回りたいという気持ちを持っている方が多いと思います。時にレアケースとして、プログラミングさえできればいいという人もいますが、ほとんどのゲームプログラマーは、自分でゲームを作りたいとか、ゲームが好きという人間が多いと言えるのです。

つまりゲーム好きであったり、やる気があるという志望理由は、誰もが持っている当たり前のことになりますから、これは採用者側からしてみると、志望理由にも何にもならないと感じてしまうことになります。つまりは目に止まらないということになるのです。ですから、好きなゲームのどこに感動をして、その感動からどのようにして自分が作り手になりたいという思いにつながっていくのか、またどうしてその会社を希望したのかというところを、明確に伝える必要があるのです。

他にも不採用にされやすい志望理由としては、ゲーム好きということを全面にアピールし、とにかくプレイしまくってきたなんてことを言う転職希望者です。ゲームの知識が豊富にあり、それは仕事の面で役に立つというものは、はっきりいって採用側からしてみると、ゲーム業界で働きたいというのであれば、当たり前のことであり、がっかりとされるだけなのですよ。

またどんなに自信があっても、業務経験がないうちは、プログラミングがどうだのこうだのというアピールは、あまり良質なアピールとは言えませんね。それならば、ゲーム業界でなくても、違った業界でどうぞということになりますからね。どうしてゲーム業界でのプログラマーを希望しているのかというところにポイントを置かないと、採用者側の心を掴むことはできないでしょう。

それぞれの業界において、採用者側の心を打つような志望動機の書き方やアピールの仕方は違ってきます。こういったものは、それぞれの業界に特化している転職エージェントに登録をし、素直にアドバイスを受けて、志望動機を作成することをオススメします。前述にあるような例はスタンダードなものですから、もっと採用されやすいあなたオリジナルの志望動機を考えてくれることにもなるでしょう。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.