ゲームプログラマーの履歴書の書き方

ゲームプログラマー転職TOP >> 転職の基礎 >> ゲームプログラマーの履歴書の書き方

ゲームプログラマーの履歴書の書き方

ゲームプログラマーという職種は、専門職であり、ある程度の経験やスキルや知識というものがあれば、すんなりの転職を成功に導けそうなものだと感じる方もいらっしゃいますが、一般企業と同様に履歴書などを送付して、厳密な審査を受けなければなりません。作品などのポートフォリオがしっかりとしていれば、履歴書などは適当でもいいだろうという考えは大間違いですから、履歴書の書き方をしっかりと覚えておくことも、ゲームプログラマーとして転職を成功させるためのコツになります。

確かにゲームプログラマーの転職の実情としては、履歴書を始めとする書類審査よりも、実際に作成した作品の審査の方にウエイトが大きく傾いていることは事実です。特に新卒者などではなく、転職のキャリア採用といったようなケースでは、作品が非常に重要視されるのは当然なのです。だからといって、前述にあるように、履歴書は適当で良いというわけではありません。どうせなら、作品にプラスして、履歴書も完璧にしておくことで転職の成功率をぐっとアップさせることが出来るのです。

履歴書の中では、これまでの自身の学歴や職歴を簡潔に明記することは基本中の基本になります。これはゲームプログラマーという職種のみならず、他の職種に関しても同様になりますね。ポイントになってくるのは、やはり自己PRの部分と志望動機といったところでしょう。転職の場合には、転職理由というものも、非常に重要視される部分になります。志望動機の中で大事になってくるポイントは、まずゲームというものに関しての愛情や好意の度合いというものをしっかりと明記することです。

他にも感動といったキーワードや情熱、熱意、熱中といったものをキーワードにして、履歴書の志望動機を書いていくことがベターな選択でしょう。またどういったジャンルのゲームを制作したいのかといったことでも、履歴書の中のそれぞれの項目でベターとされる書き方は変わってきます。これまで主力だった特定ハードのゲームソフトよりも、現在はソーシャル系やネットゲームが主流になりつつあるからです。

転職活動を行うタイミングのゲーム業界の実情をまずはリサーチし、その上で自身が目指す転職希望先がどのような状況であるのかをリサーチしましょう。これを個人レベルでやるとなると、何気に大きな労力になります。ですから、転職エージェントを利用して、簡単に情報収集を行いましょう。その上で適切な履歴書の作成方法のサポートもしてもらえば良いのです。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.