ゲームプログラマーの自己PR

ゲームプログラマー転職TOP >> 転職の基礎 >> ゲームプログラマーの自己PR

ゲームプログラマーの自己PR

ゲームプログラマーとして転職を成功に導くためには、履歴書などの書類関連はもちろん、面接時の自己PRが重要だと言われています。自己PRの作成を行う場合、まずは自身がどの程度にゲームプログラマーとしての経験があるのかによって、その自己PRの仕方は変わってくるのです。例えばゲームプログラマーとしての実績がそこまでなかったとしても、必要以上に自分の評価を卑下する必要はないということなのです。

ゲームプログラマーになるための良質な自己PRというものを考える時、そもそもゲームというものは、それを必要としている人間にとって、どういった存在であるのかを考える必要があります。ゲームが好きで、それを購入する方の多くは、やはり面白さを感じたいと思っていたり、ゲームの中のストーリーなどでドキドキとしたいとか感動したいというような気持ちを持ち合わせていることが多いと言えるでしょう。こういった視点に立って、ゲームプログラマーとしてただ働きたいと転職希望先へとPRするのではなく、その先の消費者のことを考えて自己PRを考えることが大事なのです。

よくプログラマーなどの場合には、ゲームプログラミングなどの技術面の方面をとにかく自己PRとしてアピールしていくことを考えるものですが、プログラミングのスキルが高いからといって、上記のような消費者のニーズに応えることが出来るゲーム作りに役立つかといえば、疑問が残るというのが採用側の本音なのです。

更に良くあるゲームプログラマーの自己PRとしては、とにかくゲーム好きをアピールすることです。しかしながら、ただ漠然とゲームが好きだというようなアピールではまったくアピールにならないということです。他にも小さい頃からゲームで遊んでいたといったようなことも、同様に自己PRとしては弱いものになります。どういったゲームにどのようなものを感じたのか。それと、どのような感動をしたのかといったものをアピールしていくことの方がいいのです。

そして経験者と未経験者でも自己PRの仕方に違いというものが生じることになります。ただし経験者でも未経験者でも共通していることは、応募する転職希望先企業のゲームは事前にプレイをしておくことが重要です。また独学であったり、前職などで作成をしたゲームなどと、希望している転職先が発売しているゲームとの共通性や関連性といったものをアピールすることも自己PRとして選択するのも意外と効果的な自己PRになることでしょう。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.