ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマー転職TOP >> 転職の基礎 >> ゲームプログラマーの仕事内容

ゲームプログラマーの仕事内容

これから転職をして、ゲームプログラマーを目指そうとしている方にとっては、一体ゲームプログラマーとはどういった仕事をしているのかというのは、気になるところでしょう。ここでは、ゲームプログラマーの仕事内容について紹介していきましょう。

ゲームプログラマーの仕事は、ゲーム作成において、C言語やC++などを代表とする開発言語を使用し、プログラミングをする仕事です。ゲーム制作は、プログラマーが全て行うものではありません。実に様々な人間が関わり、それぞれに仕事を分担してひとつの作品を作り上げていくことになります。

ゲームを企画しシナリオなどを考える人間。ゲーム企画者ですね。他にもゲームのキャラクターや背景というものをデザインするゲームデザイナー。システムなどはゲームクリエイターと呼ばれる人間が担当をし、こうやって出来上がった企画書や仕様書を元に、ゲームプログラマーがプログラミングをし、ゲームを作成していくという流れになります。

キャラクターの動きやサウンドなどの設定やゲームシステムの構築など、プログラミングする内容は、非常に多岐に渡り、膨大な量になるといえるでしょう。さらにプログラミングをチェックする専任のチームもあり、意図したとおりにしっかりと動作するかを確認します。不具合が発見されれば、それを繰り返し、修正していくという作業も当然に対応していくことになります。

またバグなどが見つかった場合でも、それに対しての対応が求められることになりますね。これはゲームの進行などに致命的に関わるバグについてであり、すべてのバグに対処するということはありません。どんなゲームにでも裏技っていうものがありますよね。これはバグを意図的に利用したゲーム特有の楽しみですから、むしろユーザーには歓迎されるものもあるということなんです。

プログラマーの仕事は、ゲームの評価に直結します。どんなに楽しいゲームの企画が上がっても、キャラクターのCGデザインが素晴らしくても、ゲームプログラマーがプログラムを組まない限り、ゲームが動くことはないのです。また致命的なバグを埋め込んだままに発売をしてしまうと、利益なんてものが期待できるわけがありません。つまりはそのゲームの評価はゲームプログラマーの仕事に直結していると言えるのですよ。特にゲームクリエイターの仕事をしなければならないこともあります。それは実現可能なものと、不可能なものを知っているからです。どんなに面白い企画でも実現不可能なものであれば、ゲームを作ることができませんからね。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.