30代歓迎のゲームプログラマー求人

ゲームプログラマー転職TOP >> 条件別 >> 30代歓迎のゲームプログラマー求人

30代歓迎のゲームプログラマー求人

30代でもゲームプログラマーとして転職を目指しているという方は、多くいらっしゃることでしょう。基本的に、ゲームプログラマーという職種は、転職が当たり前に行われる業界であり、30代前半ともなれば、5〜6回の転職経験は当たり前とされているような業界です。しかしながら、20代と比べ、30代以上ともなると、一気にその需要が激減するとも言われている職業です。ここでは30代のゲームプログラマーの求人について紹介をしていきましょう。

30代でのゲームプログラマーの求人案件は、他のIT関連の職種と比較しても、非常に多いと言える状況です。未経験者でも歓迎というところも多く、一般的に30代を越えると需要が減るというようなことが言われているIT関連の職種の中でも、比較的30代には美味しい転職市場ということが言えるでしょう。

しかしながら、ほとんどの未経験者の場合でも、もともとがネットワーク系のエンジニアや、システムエンジニア、WEBデザイナーなどのある程度IT業界での経験値というものをもっており、IT関連の業界での仕事がまったくの未経験者という方の転職というのは、あまり見受けられません。ゲームプログラマーの世界は、平均年齢が低く、年齢が上の人間を使っていくということに抵抗感ややりづらさというものを感じるのは、当然のことですから、まったくの未経験者を採用する企業は少ないと言えるのです。

プロジェクトリーダーやメインプログラマーが20代前半ということも珍しくはない業界ですから、30代での転職を目指しているのであれば、それなりのスキルや知識はもちろんのこと、公私混同というものをせず、いくら年上であっても上司であるという意識を持つことができる謙虚さというものが必要であり、さらに協調性というものも重要視されることになるでしょう。

大手よりも中小企業の方が入職はしやすいと言えるでしょうが、中小企業の場合には、社長がまだ20代後半であったり、30代前半ということも普通にありえますから、そこらへんの立ち振る舞いがポイントになってくるかもしれませんね。他にもゲームプログラマーには必須とされている体力面ですね。ここに自信がない場合には、かなり転職成功とは程遠い状況になってしまうことでしょう。また職種上、大手でなければ、安定が期待できないので、中小企業が入りやすくても、その会社自体が存続できるかというと別問題になってきますから、気をつけるべきポイントとして覚えておきましょう。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.