高給料のゲームプログラマー求人

ゲームプログラマー転職TOP >> 条件別 >> 高給料のゲームプログラマー求人

高給料のゲームプログラマー求人

ゲームプログラマーの給与を労働条件から見てみると、あまり良い状況であるとは言い切れません。ゲームプログラマーのイメージといえば、安月給の上に馬車馬のように働かせられている職業というイメージも多いことでしょう。ここでは、給与の高いゲームプログラマーの求人を中心に紹介していきましょう。

安いというイメージがあるものの、それなりのスキルや知識、そして業務経験を有していれば、大手のゲームメーカーに転職をすることも可能でしょう。やはり中小のゲーム会社よりも、大手のゲームメーカーに転職する方が、給与や労働条件の面では圧倒的に優遇されることになります。中小のゲームメーカーの場合には、年収で300万円から500万円が相場と言われています。専門職というジャンルから考えてみると、ちょっとさみしい年収ということが言えるでしょう。

ゲームプログラマーは、大規模案件になれば10名以上のプログラマーを使ってプログラミングをしていきます。そのプログラマーたちを、統率するメインプログラマーという人間の存在が必要になるわけです。このメインプログラマーになることができれば、かなりの収入を期待することができるのです。これは中小規模の企業であっても、同じであるため、大企業に転職できないのであれば、自分を磨き、メインプログラマーのポジションを狙うように心がけましょう。

通常のプログラマーでも年収が高いのは、やはり大企業です。たとえば任天堂です。任天堂のゲームプログラマーの平均年齢は、36歳。平均年収は914万円ですから、前述にあるゲームプログラマーの年収と比較をしてみると、随分と優遇されていることが分かります。セガサミーの場合は、平均年齢が37歳で、年収は822万円。コナミは34歳が平均年齢であり、平均年収は678万円。カプコンであれば、平均年齢34歳で、年収は571万円というところが相場になっているようです。

こうやって比較をしてみると、年収や労働条件などは、やはり中小のゲーム会社とは比較にならないほどに、優遇されているということが分かります。これは転職希望者も十分に把握していることですから、大手の企業に人気が集中するのは、当然のことであり、競争率が高くなるのは予測されることでしょう。こういった人気案件に転職活動をかけ、成功させるためには、個人の努力ではなかなかに難しいことでしょう。各大手企業に強力なパイプを持っている転職エージェントを上手に使い、年収アップを目指しましょう。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.