激務でないゲームプログラマー求人

ゲームプログラマー転職TOP >> 条件別 >> 激務でないゲームプログラマー求人

激務でないゲームプログラマー求人

ゲーム開発に限定されず、IT関連の開発系の業務を行っている職業の人間は、納期というものがあり、その期限が近づいてくればくるほどに、忙しさというものが比例して増していくことになります。スケジュールに遅れが生じていれば、なんとしてでも間に合わせなければならない。これは会社の信用問題になりますからね。

ですから、スケジューリングの時点で、納期に近づけば近づくほどに、最初から残業や休日出勤が当たり前というようなものが組まれていることが多いのです。またバグなどが見つかってしまった場合には、残業をしてでもリカバリーをする必要が出てくるため、こういった点では激務になると言えるでしょうね。寝る時間はもちろん、休みなんてものも削り、さらに仕事の時間を何とかして作り出して、これらのことを対応していかなければならないのです。

ただし1年中このような状況に立たされるのか?といえば、そうではないと言い切れます。とても大きなプロジェクトである場合には、長い開発スパンを設けられます。こういった場合には、いわゆる待ちの期間というものが必ず出てきますし、その期間は当然に余裕があるものなのです。また1つのプロジェクトが終わり、無事にリリースすることができた場合には、時間的にも余裕が出てくるという傾向が見られるのです。さらにゲームクリエイターがまだ企画を発案していない状況である段階も、比較的に暇である場合が多いのです。

こういったことを考えてみると、ゲームプログラマーというのは、メリハリというものをある程度に持ちながら、こういった余裕のできる期間において、いかにその時間を有効に使い、リフレッシュをすることができるかというところにかかってくるのではないでしょうか。

ゲームプログラマーの中では、こういった定期的に不規則になるような状況を激務と感じ、辛いと感じる人間もいますが、中にはゲームが好きだし、プログラミングも大好きだから、ちっとも激務には思わないというような人間も存在します。こういった人間というのは、周囲の人間からしてみると、明らかに大変な激務だという風に思えるような仕事量や労働時間になっても、本人はまったくケロリとしていることが多いものなのですよ。しかしながら、こういった人間は、周囲のそこまでプログラマーという業務にのめり込んでいない人間からしてみると、疎まれる可能性が高いと言えるのです。自分は早く帰りたいのに、そんなことをおくびにも出さず仕事を続けている人間がいれば、帰りづらいという気にもなりますからね。

こういった中で「激務でないゲームプログラマー求人」を探そうと思えば、やはりワークポートなどのIT系の転職サイトに登録することです。こういったサイトは「激務はいやだ」「残業はいやだ」など多少のわがまま条件も転職先と交渉してくれます。最近はプログラマーの転職もこういったサイトでかなり情報も開放的になってきているので一度登録してみることをお勧めします。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.