残業が少ないゲームプログラマー求人

ゲームプログラマー転職TOP >> 条件別 >> 残業が少ないゲームプログラマー求人

残業が少ないゲームプログラマー求人

ゲームプログラマーの世界では、残業は当たり前というイメージがあると思います。だからこそ転職の際には、残業が少ないゲームプログラマー求人と巡り会いたいと思う方が多いのです。残念ながら残業がまったくないゲームプログラマーの求人となると、皆無と言わざるを得ません。それは残業が生じる職種であるからなのです。ですから残業が少ない企業というものに収めておかない限り、ゲームプログラマーとして働いていくことは難しいと言わざるを得ないのです。

そもそもゲームプログラマーという職種に残業が多いというのは、どういった理由があるのでしょうか。ゲームプログラマーという職種はクリエイティブ職になります。ですから、いくらでもその質を高めようと思えば、際限がない仕事になるのです。最低限のレベルがあるとしても、上を見れば切りがなくなります。またデバック作業も数多く存在し、これに関しても際限がありません。ここも妥協が必要になってくるもので、この妥協点が裏ワザとも呼べるものに通じるわけです。

ご愛嬌として敢えてこういったものを販売するといったことも、ゲーム業界では常識的な考えなのです。このようなことからとにかくより良いものをと考えるのはクリエイターの気質ですし、妥協をしたくないという思いを抱くのは当然のことなのです。こういった思いとは裏腹に納期という期限が必ず存在しているわけです。だからこそ残業が発生してしまうのが当たり前の業界なんですね。

基本的に覚えていて欲しいことは、残業があるような企業であっても、それが一年中続くということはまずないということです。プロジェクト休暇といって、長期休暇を取得出来る場合も多く、忙しい時期とそうではない時期があり、忙しい時には残業が多いものの暇な時は定時で帰ることが出来るという状況になっているのです。残業が少ない企業であるのかどうかを判断するには、その企業が裁量労働制を強いているのか否かを確認することです。

一般的な残業制を採用している企業の場合、残業が少ない企業であることが予測出来ます。しかしこの裁量労働制というのは、残業代を予め予測し、それを最初に設定して給与に反映するという方法です。暇な期間はいいのですが、それ以外の忙しい時期には、非常に損をした気分になるのです。残業が少ないというのは実際の現場の実情を把握していなければ判断が出来ない条件ですから、転職エージェントなどの企業ごとの実情を把握しているツールを利用して転職活動を行うべきなのです。


Copyright (C)2013-2017 ゲームプログラマー転職ナビ All Rights Reserved.